ネオスポラ症犬の侵入防ぎ予防を

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

届出
伝染病

牛、水牛

特徴

ネオスポラ症ネオスポラ原虫の感染による牛と水牛の届け出伝染病。原虫は犬やめん羊、山羊、鹿などにも感染する。日本では、1990年初めに牛の流産や異常産の原因として初めて報告されて以来、季節を問わず全国的に認められている。特に乳牛で発生数が多い。

ネオスポラ原虫は、口から入った後、脳脊髄や筋肉、胎盤などの臓器に寄生し増殖する。イヌ科動物だけが「オーシスト」と呼ばれる卵(直径は約100分の1ミリ)をふん便に排せつし、これに汚染された飼料を食べることで牛が感染する。牛ではいったん感染すれば原虫は体内にとどまり、胎盤を経由して母牛から胎児に感染するため、感染経産牛が本病の主要な感染源となる。

感染した子牛は、ほとんどが無症状で出生するが、まれに生まれたばかりの子牛で、脳炎、心筋炎、あるいは骨格筋炎などによるまひが起きる。感染牛は連続あるいは間欠的に流産や異常産を繰り返すが、国内発生数は年間約20頭程度である。


対策

有効なワクチンはない。治療薬としてサルファ剤やエリスロマイシンなどの抗生物質が有効であるが、完全な駆虫効果は認められない。

感染予防のために、飼い犬や野犬の農場内や畜舎への侵入を防止し、飼料がふん便に汚染されないようにする。また、流産や異常産を繰り返すネオスポラ抗体陽性牛を淘汰(とうた)して抗体陰性牛の導入を行う。

[写真:ネオスポラ原虫の走査電子顕微鏡写真。1μm(マイクロメートル)は1,000分の1ミリ]

(動物衛生研究所 八田岳士)

参考情報

・家畜の監視伝染病 ネオスポラ症


情報公開日:「家畜疾病図鑑」『日本農業新聞』 2012年2月22日、16面に掲載。

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.