ニパウイルス感染症
養豚業の拡大がもたらした新興人獣共通感染症

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

届出
伝染病

馬、豚、いのしし

特徴

ニパウイルス感染症ニパウイルス感染症は、1998~99年にかけてマレーシア、シンガポールで初めて確認された人獣共通感染症である。その後バングラデシュやインド、2014年にはフィリピンでも発生が確認されている。わが国では馬、豚、いのししの届出伝染病に指定されているが、国内での発生はない。ニパウイルスの自然宿主は果実を主食とするオオコウモリで、オオコウモリの居住地域である熱帯雨林を切り開いて多頭集約型の養豚を展開したため、オオコウモリからブタへの感染につながったと推測されている。

豚における潜伏期間は4~14日で、発症前から尿や鼻汁中にウイルスを排泄する。臨床症状は日齢により異なり、離乳豚や育成子豚では重篤な咳を特徴とする急性肺炎を起こす場合が多い。成豚では神経症状が強く現れる傾向が認められるが、無症状のまま急死する場合もある。また、妊娠豚が感染した場合には流産がみられることがある。豚における致死率は5%以下であるが、人では急性脳炎を主徴とし致死率は40~75%と高い。また、家畜以外にも犬、猫などの感染が報告されている。

豚間および豚から人への主たる感染経路は、感染豚の体液や分泌液(尿や鼻汁等)を介した接触感染と考えられており、畜産食品を介した人への感染事例は報告されていない。


対策

有効な治療法やワクチンは開発されていない。国内では感染性ウイルスを用いない検査が可能であるが、確定診断は感染性ウイルスを用いて高度な封じ込め施設内で行う必要があり、現在国内では実施できない。なお、検査・解剖時の人への感染リスクが高いことから、疑いのある家畜を扱う場合は感染防護措置が必要である。

[写真:感染豚で見られた肺炎の組織象。細胞が融合してできる巨細胞(矢印)を特徴とする。]

(動物衛生研究部門 宮澤光太郎)

参考情報

・家畜の監視伝染病 ニパウイルス感染症


情報公開日:2017年3月8日

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.