低病原性ニューカッスル病
ウイルスの病原性でニューカッスル病と区分

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

届出
伝染病

鶏、あひる、うずら、七面鳥

特徴

ニューカッスル病ウイルスの電子顕微鏡写真ニューカッスル病はパラミクソウイルス科、エイブラウイルス属の鳥パラミクソウイルス血清型1(ニューカッスル病ウイルス)による鳥類の感染症である。ウイルス株によって鶏への病原性が異なり、家畜伝染病予防法では、病原性の高いウイルス株に起因する疾病をニューカッスル病(法定伝染病)、病原性が低いウイルス株に起因するものを低病原性ニューカッスル病(届出伝染病)と区分している。ウイルス分離を行って、ウイルスの遺伝子検査や接種試験により、病原性を判定する。

低病原性ニューカッスル病では、ウイルスに感染した鶏はほとんど症状を起こさないが、鶏の間で感染を繰り返すことによりウイルスの病原性が上昇し鶏に致死性の病気を引き起こすことがあるため、家きんのウイルス侵入監視が重要である。


対策

ワクチンにより群全体の抗体価を均一に上げることが効果的な予防に重要である。生ワクチンを使用する場合、飲水または噴霧により簡便にワクチン投与が可能であるが、移行抗体の存在、ワクチン投与用機具への消毒剤の残存、飲水供給口からの距離により効果に影響が起きやすいため、ワクチンの使用説明書に従い適切に実施する必要がある。

原因ウイルスは、ほぼ全ての鳥類に感染するため、防鳥ネット等により野鳥の鶏舎への侵入を防ぐことが重要である。

[写真:ニューカッスル病ウイルスの電子顕微鏡写真]

(動物衛生研究所 常國良太)

参考情報

・家畜疾病図鑑Web ニューカッスル病
・家畜の監視伝染病 ニューカッスル病
・家畜の監視伝染病 低病原性ニューカッスル病


情報公開日:2016年2月10日

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.