鶏痘丁寧な飼育が大切です

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

届出
伝染病

鶏、うずら

特徴

鶏痘鶏痘は、鶏痘ウイルスによって引き起こされる急性伝染病で鶏、うずらでは届出伝染病に指定されている。鶏の品種、性、日齢に関係なく発生する。

皮膚や粘膜に盛り上がりを伴う特徴的な変化(発痘)が生じ、主に皮膚に現われるものは皮膚型、粘膜に現れるものは粘膜型とされる。皮膚型では顔面の腫れ、鼻汁、結膜炎、なみだ目(流涙)、ときに失明がみられる。粘膜型では首を伸ばして口を開けた呼吸が見られやすく、皮膚型より粘膜型の方が致死率は高い。発育不良や長期の産卵不振を起こす場合もある。

感染初期には緑便がみられることが多く、皮膚や粘膜に灰白色の硬い隆起(丘疹)が現われる。感染後4~6日でアワ粒大~米粒大となり、最盛期にはアズキ大にも達する。皮膚での隆起はやがてかさぶた(痴皮)に、粘膜のみずみずしい隆起はやがてチーズ様の付着物(偽膜)となる。

ワクチンの普及や衛生管理技術の向上により、鶏痘の発生は著しく減少したが、今でも年に数から十数戸の発生報告がある。皮膚型は夏から秋、粘膜型は冬(晩秋から春)に多い傾向にあったが、養鶏の規模等の変化により、季節性は薄らいでいる可能性がある。皮膚型は主にカやヌカカ、ワクモ等(吸血節足動物)によって、粘膜型はウイルスを含む埃や羽毛等に接することによって感染が拡がりやすい。


対策

ワクチンによる予防は有効で、国内では9種類が承認されており、また、薬剤による吸血節足動物の駆除も感染拡大防止には有効である。有効な治療法はないが、抗生物質を使用して細菌等による別の感染(二次感染)を防ぐことによって致死率を下げられる。いずれの場合も、獣医師の適切な関与の下に行われる必要がある。

原因となるウイルスは低温や乾燥には強いが、熱には比較的弱く、また、感染力を失わせるのに多くの消毒薬は有効である。皮膚や粘膜に傷がなければ感染しないので、単に傷を負わないように飼育することに加え、吸血節足動物による傷(刺傷)や他の病気による粘膜の荒れを防ぐこと、さらに、ウイルスを持つ可能性のある野鳥を近づけないこと等、一般的な衛生管理が本病の対策には大切である。

[写真:鶏痘に罹患した鶏の顔面および肉冠(とさか)に多数の発痘が認められる。
 (岐阜県中央家畜保健衛生所提供)]

(動物衛生研究部門 大田方人)

参考情報

・家畜の監視伝染病 鶏痘


情報公開日:2018年1月10日

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.