届出伝染病

チュウザン病(Chuzan disease)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛、山羊

1.原因

 

 レオウイルス(Reoviridae)科、オルビウイルス(Orbivirus)属、パリアムウイルス(Palyam virus)群に属するチュウザンウイルス(Chuzan virus)。10分節からなる2本鎖RNAをゲノムに持つ。血清学的にインドで分離されたカスバウイルス(Kasba virus)と同一である。

 

 

2.疫学


 ウイルスは吸血昆虫(主に体長1〜3mmほどのCulicoides属ヌカカ)によって媒介され、牛、水牛、山羊に伝播する。ウイルスの伝播は媒介昆虫の活動が盛んな夏から秋に起きる。妊娠牛が感染した場合、秋から翌年の春にかけて流行性異常産が発生する。和牛で多発し、乳用牛での発生は少ない。

 

 

3.臨床症状


 異常子牛の出産を主徴とし、流産や死産、早産は少ない。感染母牛には異常はみられない。異常子牛にみられる症状は、虚弱、自力哺乳不能および起立不能などの運動障害、間欠的なてんかん様発作、後弓反張等の神経症状である。眼球の混濁や盲目等がみられることもある。関節彎曲等の体型異常は認められない。2001〜2002年に発生したパリアムウイルス群のディアギュラウイルス(D'Aguilar virus)による異常産でも、同様の症状がみられた。

 

 

4.病理学的変化


 異常子牛の病変は中枢神経系に限られ、大脳欠損(水無脳症)および小脳形成不全が認められる。

 

 

5.病原学的検査


 流産・死産等ウイルス感染から時間が経過していない場合、胎子の血液や脳脊髄等の臓器乳剤を材料とし、培養細胞への接種によりウイルス分離を行うことが可能であるが、異常子牛からのウイルス分離は困難である。

 

 

6.抗体検査


 中和試験、寒天ゲル内沈降反応等。初乳未摂取の異常子牛の場合、血清中の抗体を検出することで診断可能。

 

 

7.予防・治療


 不活化ワクチンの接種(ウイルス流行期前に完了する)で予防。治療法はない。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 チュウザン病・発生情報(2004年以前、2007年)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

野外例:後弓反張を示した仔牛 脳の異常形成・正常に近いもの(左)、全大脳、小脳の欠損(右)
写真1:野外例:後弓反張を示した仔牛(原図:元動物衛生研究所、後藤義之氏) 写真2:脳の異常形成・正常に近いもの(左)、全大脳、小脳の欠損(右)(原図:元動物衛生研究所、後藤義之)

編集:動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室、文責:温暖地疾病研究領域 梁瀬 徹

(平成24年6月20日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑