届出伝染病

牛ウイルス性下痢粘膜病(bovine viral diarrhea-mucosal disease)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛

1.原因

 

 牛ウイルス性下痢ウイルス(Bovine viral diarrhea virus: BVDV)はフラビウイルス科ペスチウイルス属に分類されるプラス1本鎖の40〜60nmの球形RNAウイルスである。エンベロープを有する。豚コレラやボーダー病と近縁である。本ウイルスは細胞病原性(CP)と非細胞病原性(NCP)の2つの生物型がある他、遺伝子型で1型、2型に分かれ、さらにいくつかの血清型が存在する。

 

 

2.疫学


 本ウイルスによる牛ウイルス性下痢・粘膜病は季節、地域に関係なく発生し、牛、水牛、山羊、羊、豚、鹿等に感染するが牛の感受性が最も高い。

 

 

3.臨床症状


 本ウイルスのNCP株が抗体陰性妊娠牛に感染すると胎子への垂直感染が容易に成立し死流産や奇形等の先天性異常を引き起こす。特に免疫応答が未熟な胎齢100日以下の胎子感染ではウイルスを一生排泄しつづける持続感染牛(写真1)となることがある。持続感染牛はCP株の重感染により致死的な粘膜病を発症する高リスク群と考えられている。一方非妊娠牛では不顕性に終わる事が多く、子牛で一過性の発熱や下痢を示すことがあるが、抗体を保有して概ね回復する。2型ウイルスの一部には下痢とともに顕著な血小板減少が認められ急性経過で死に至る強毒ウイルスが存在し、1990年代に北米で多大な被害をもたらした。我が国では非致死的な弱毒タイプの2型ウイルスのみが確認されている。

持続感染牛、人工授精後、子宮内環流による胚採取で正常な初期胚を確認した個体(原図:動物衛生研究所・坪井孝益氏)
写真1:持続感染牛、人工授精後、子宮内環流による胚採取で正常な初期胚を確認した個体

 

4.病理学的変化


 肉学的所見は粘膜病発症牛では鼻粘膜の充血(写真2)、第三胃、第四胃(写真3)および腸管粘膜における糜爛、潰瘍、出血等が認められる。また脾臓の萎縮が観察されることがある。先天性異常子牛では小脳形成不全、内水頭症が確認されている。組織学的には粘膜病において小腸パイエル板リンパ組織の萎縮、白脾髄の壊死等が観察される。一過性感染および持続感染では顕著な異常はみられない事が多い。

粘膜病発症牛の鼻粘膜充血(原図:動物衛生研究所・坪井孝益氏) 粘膜病発症牛の第4胃潰瘍(原図:動物衛生研究所・坪井孝益氏)
写真2:粘膜病発症牛の鼻粘膜充血 写真3:粘膜病発症牛の第4胃潰瘍

 

5.病原学的検査


 生前時では血清や白血球、鼻腔拭い液や下痢便からのウイルス分離を行う。死亡時には肺、腎、脾やリンパ節からウイルスを分離する。使用細胞は牛腎細胞(BK細胞)や牛筋肉細胞(BFM細胞)等の初代細胞の他、牛腎由来株化細胞(MDBKおよびMDBK-SY細胞)や牛動脈内皮細胞(BAT細胞)を用いることもある。
 また、末梢白血球や各種組織からのRT-PCR法などの遺伝子検査法も用いられており、増幅された遺伝子を解析することにより流行株の特定や牛の移動歴に基づいた疫学調査が可能となる。わが国の分離株は1型ウイルスが約85%、2型ウイルスが約15%であること、優勢である1型ウイルスには7種のサブグループが含まれることが確認されている 。

 

 

6.抗体検査


 抗体検査では常法によるペア血清の中和試験を実施する。わが国の代表株として1型ではNose株およびKS86-1cp株、2型ではKZ-91cp株が使用される。持続感染牛では抗体陰性を示し、初乳未摂取の先天性異常子牛では抗体陽性を認めることが診断の一助となる。

 

 

7.予防・治療


 一過性感染は自然治癒するが、持続感染および粘膜病は治療法がないため予防が重要となる。農場にウイルスを持ち込まないよう、車両の消毒、導入牛の検査を徹底するとともに、多量のウイルスを排泄する持続感染牛や粘膜病発症牛は早期に淘汰することが望ましい。BVDVには各種消毒薬が有効であり、中でもアルコール系、次亜塩素酸系、逆性石鹸が広く用いられる。また、本疾病の蔓延を防ぐにはワクチン接種も効果的である。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 牛ウイルス性下痢・粘膜病・発生情報(2004年以前、2007年、2008年)

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2013


編集:動物衛生研究所動物疾病対策センター疫学情報室、文責:ウイルス・疫学研究領域 亀山健一郎

(平成24年9月3日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑