届出伝染病

気腫疽(blackleg)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし

1.原因

 

 気腫疽菌(Clostridium chauvoei)による。本菌は、土壌および動物の腸管内に分布し、偏性嫌気性、グラム陽性有芽胞菌群として特徴的なクロストリジウム属菌の一つである。鞭毛を持ち、両端鈍円のグラム陽性大型桿菌で、卵型の亜端在〜端在性芽胞を形成する。本菌の芽胞が創傷部および消化管に侵入することにより発症する。マウスに致死性の外毒素を産生する。

 

 

2.疫学

 

 気腫疽は致死率が非常に高い病気であり、主に反芻獣に感染する。6ヶ月齢から3歳の若い牛に発症例が目立ち、春から秋にかけての発生が多い。

 

 

3.臨床症状

 

 突然の高熱、元気消失、反芻停止を示す。臀部などの多肉部および四肢が気腫性に腫脹し、圧迫すると特有の捻髪音を発する。また、症状が悪化すると呼吸困難、頻脈となり1〜2日で死亡する。

 

 

4.病理学的変化


 皮下織の血様膠様浸潤、筋肉の気腫、スポンジ状、粗性化、リンパ節の赤色腫大などがみられる。

 

 

5.病原学的検査


 病変部を材料に嫌気培養を行う。本菌は悪性水腫菌(Clostridium septicum)と似ており、生化学性状検査や蛍光抗体法により鑑別が必要である。

 

 

6.予防・治療


 本病は発症した場合の致死率が極めて高く、病状の進行が速いため、本菌の汚染地帯では本菌の不活化ワクチンの接種が望ましい。

 

 

7.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

8.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

気腫疽−1(原図:動物衛生研究所、浜岡隆文氏) 気腫疽−2(原図:動物衛生研究所、浜岡隆文氏) 気腫疽−3(原図:動物衛生研究所、浜岡隆文氏)
写真1:クレーター状の特徴的な集落(VL-g寒天培地) 写真2:気腫疽菌(モルモット肝臓のスタンプ標本) 写真3:気腫疽菌の蛍光抗体陽性像(x400)

編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 大倉正稔

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑