届出伝染病

トリパノソーマ病(trypanosomosis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:牛、水牛、馬

1.原因

 

 トリパノソーマ・ブルセイ(Trypanosoma brucei)、トリパノソーマ・コンゴレンス(T. congolense)、トリパノソーマ・バイバックス(T. vivax)、トリパノソーマ・エバンシ(T. evansi)、トリパノソーマ・タイレリ(T. theileri)。動物の血流中で血液細胞には侵入せずに増殖する。トリパノソーマ・エキパーダム(T. equiperdum)は馬の尿道、膣粘膜下織に寄生する。いずれも鞭毛をもつ原虫で、自由鞭毛を除く体長20〜40マイクロメートル。

 

 

2.疫学


 アフリカトリパノソーマ(上記最初の3種)はツエツエバエ、トリパノソーマ・エバンシおよびトリパノソーマ・タイレリはアブ、サシバエの吸血により媒介される。トリパノソーマ・エキパーダムは交尾により馬が感染する。牛、水牛、馬が本病の対象動物である。国内にはトリパノソーマ・タイレリのみ分布している。トリパノソーマ・エバンシは東南アジアに常在しており国内への侵入が懸念される。

 

 

3.臨床症状


 アフリカトリパノソーマは牛に貧血、衰弱を起こすばかりでなく種によりヒトに致死性の睡眠病を起こすが、国内への侵入・定着の可能性は低い。トリパノソーマ・エバンシは牛、豚に貧血、削痩、衰弱等の慢性症状を、馬、ラクダに発熱、貧血、ショック様症状等の急性症状を起こす。トリパノソーマ・タイレリは牛に不顕性感染を起こし通常は無症状であるが、感染牛から輸血を受けた虚弱子牛や、重度のストレスを受けた成牛で原虫が増殖して急性症状を起こす場合がある。トリパノソーマ・エキパーダムは馬に外部生殖器の炎症と皮膚の浮腫を起こす。

 

 

4.病理学的変化


 リンパ節、脾の腫脹。慢性経過の場合は発育不良、削痩。

 

 

5.病原学的検査


 血液塗抹標本あるいは生血液滴下標本の顕微鏡検査により鞭毛をもつ病原体を確認する。必要に応じて溶血処置やヘマトクリット管遠心による白血球層への原虫濃縮により検出感度を高める。トリパノソーマ・タイレリは他の種に比べて大型であるため、形態から鑑別が可能である。血液中の原虫遺伝子を検出するPCR法も有効である。

 

 

6.抗体検査


 間接蛍光抗体法、補体結合反応、エライサ法等が報告されている。

 

 

7.予防・治療


 発生地からの動物輸入の禁止。発病動物の処分あるいはジアミジン製剤等による治療。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals

 OIE: Technical disease cards

トリパノソーマ・ブルセイ(原図:動物衛生研究所、中村義男氏) トリパノソーマ・コンゴレンス(原図:動物衛生研究所、中村義男氏) トリパノソーマ・エバンシ(原図:動物衛生研究所、中村義男氏) トリパノソーマ・タイレリ(原図:動物衛生研究所、中村義男氏)
写真1:トリパノソーマ・ブルセイ 写真2:トリパノソーマ・コンゴレンス 写真3:トリパノソーマ・エバンシ 写真4:トリパノソーマ・タイレリ

編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 中村義男

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑