届出伝染病

馬パラチフス(equine paratyphoid)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:

1.原因

 

 馬パラチフス菌Salmonella enterica subsp. enterica serotype Abortusequi。Kauffmanの抗原構造式は[4, 12:-:e, n, x]である。クエン酸塩を利用せず、硫化水素を産生しない等 他の血清型のSalmonellaと異なる性状を示す。

 

 

2.疫学


 日本では北海道の重種馬に散発的な発生が認められている。海外における発生状況については、不明な点が多い。流産は一般には妊娠後期に起こることが多く、伝染性が強い。原因菌で汚染された飼料や飲用水の経口接種で感染が成立する。

 

 

3.臨床症状


 流産を主徴とする。流産以外の臨床症状としては、各部位における化膿、関節炎、き甲瘻(写真1)、精巣炎が認められる。

 

 

4.病理学的変化


 流産胎児では各臓器の充出血、体表の混濁、不潔感等、一般の敗血症にみられる所見が認められる。したがって、病理所見だけからで本症を診断することは困難である。流産以外の症例では、チフス性疾患様の所見が認められる例もあるが、顕著なものではない場合が多い。

 

 

5.病原学的検査


 流産胎子の各臓器、胃内容物、流産母馬の悪露や化膿部の膿汁等を材料とし、非選択培地(血液寒天培地等)と選択培地(DHL寒天培地等)に接種し、37℃で好気培養する。血清型別用抗血清を用いた凝集試験によって血清型別を行う。

 

 

6.抗体検査


 血清凝集反応。初めに急速凝集反応を実施し、擬陽性又は陽性の場合は試験管凝集反応により判定する。なお、国内で使用される試験管凝集反応用菌液は動物衛生研究所で製造しているが、O4群サルモネラ感染血清と交差反応を示すことがあるので、他の検査結果を考慮して診断する必要がある。

 

 

7.予防・治療


 本病予防用の有効なワクチンはない。本病蔓延の予防には、感染源の適切な処置、飼育環境の消毒および感染馬の隔離を基本とする。本病の化学療法は確立されていないが、ニューキノロン系抗菌剤による治療が近年試みられている。免疫血清(現在は市販されていない)の投与は子馬の全身感染症の救命措置として有効であり、化学療法剤と併用するとさらに効果的である。本病清浄化のためには本病の摘発と感染馬の淘汰が最も効果的と考えられている。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、馬の感染症第3版(JRA総研)


種雄馬のキ甲瘻(原図:JRA総研栃木支所)
写真1:種雄馬のキ甲瘻(原図:JRA総研栃木支所)

編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:動物疾病対策センター 伊藤博哉

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑