届出伝染病

流行性羊流産(enzootic abortion of ewes)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:めん羊

1.原因

 

 クラミジア目の流行性羊流産菌(Chlamydophila abortus)を原因とする。クラミジアはグラム陰性偏性細胞内寄生性で細菌培養用の培地では発育せず、培養には培養細胞や発育鶏卵を用いる。

 

 

2.疫学・臨床症状


 初産のめん羊の妊娠末期に発症し、流産、死産、虚弱子の分娩がみられる。妊娠胎児にのみ発症し、母獣には発熱がみられる程度である。本症はヨーロッパ、北米、ニュージーランドなどで多発しているが、わが国での発生はない。

 

 

3.病理学的変化


 主要病変は胎盤炎で、胎盤の絨毛膜に浮腫と壊死がみられる。流産胎子では浮腫と充血が認められる。

 

 

4.病原学的検査


 遺伝子診断、胎盤及び流産胎子の塗抹標本をギムザ染色、蛍光染色によりクラミジアを検出する。病原体の分離には培養細胞や発育鶏卵卵黄嚢内接種を用いる。

 

 

5.抗体検査


 補体結合反応が用いられるが、C. abortusC. pecorumや他のグラム陰性菌と共通抗原を有するために完全に特異的ではないこと、また、抗体の上昇が認められない感染例があることを考慮する必要がある。

 

 

6.予防・治療


 ヨーロッパでは生ワクチンが用いられている。

 

 

7.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

8.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals

 OIE: Terrestrial Animal Health Code


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 上野勇一

(平成24年7月31日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑