届出伝染病

豚水疱疹(vesicular exanthema of swine)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:豚、いのしし

1.原因

 

 起因病原体はカリシウイルス科(Caliciviridae)、Vesivirusに属する豚水疱疹ウイルス(Vesicular Exanthema Virus)。ゲノムはプラス1本鎖のRNAで、粒子の直径は約35〜39nmである。ウイルス粒子を構成するカプソメアにカップ様のくぼみがみられ、ラテン語でコップを意味するcalixから命名された。

 

 

2.疫学


 本病は、米国における1932年から1959年の25年間と1955年にアイスランドで発生したのみで、他の発生は認められていない。本ウイルスはサンミゲルアシカウイルスに類似しており、アシカ等海獣の肉を飼料として豚に給与したことが発生原因と考えられる。伝播は接触あるいは汚染飼料の給与による。

 

 

3.臨床症状


 本ウイルスに起因する豚水疱疹は臨床症状が家畜の最重要疾病である口蹄疫に著しく類似していることにより、届出伝染病に指定されている。症状は、発熱、水疱形成であり、水疱は口唇部、鼻鏡、舌、蹄部などに好発する。本ウイルスは家畜では豚のみに感染する。

 

 

4.病理学的変化


 鼻鏡部、口唇、舌、口腔粘膜、蹄部、指趾間、蹄冠部に水疱形成が認められる。水疱はすぐに破れて糜爛となるが痂皮を形成し痕跡が長期間残る。

 

 

5.病原学的検査


 発病豚の水疱上皮や水疱液を診断材料とし、豚由来細胞およびVero細胞へ接種を行う。本ウイルスは形態学的に特徴があるので、電子顕微鏡によりウイルス粒子を確認する。また既知の血清型に対する抗血清を用いて蛍光抗体法により同定を行う。本病は口蹄疫類似疾病なので、本病が発生した場合「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針」に準じて防疫措置が実施される。

 

 

6.抗体検査


 血清学的診断はプラック減少法による中和試験により、中和抗体を検出することにより実施する。

 

 

7.予防・治療


 本病が残飯給与により伝播したことから、殺処分および残飯給与の停止により、米国で撲滅に成功した。海獣(アシカ等)は現在も豚水疱疹ウイルスを保有している可能性があるので、出来るだけ豚と接触させないようにする。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:国際重要伝染病研究領域 菅野 徹

(平成24年9月3日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑