届出伝染病

マレック病(Marek's disease)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:鶏、うずら

1.原因

 

 ヘルペスウイルス科(Herpesviridae)、アルファヘルペスウイルス亜科(Alphaherpesvirinae)、マルディウイルス属(Mardivirus)に属す。ゲノムは直鎖状の2本鎖DNAで、160〜180 Kb。T細胞に持続感染し、T細胞(CD4+)の腫瘍を誘発する。血清型は1、2、3の3種類、血清型1のみ病原性がある。

 

 

2.疫学


 感染性ウイルスを含むフケは経気道感染し、垂直感染はない。発症するのは2〜4ヶ月齢に多い。

 

 

3.臨床症状


 末梢神経がおかされる古典型では、翼麻痺、脚麻痺、斜頚がみられ、死亡率は10%以下。末梢神経に加えて内蔵に腫瘍が形成される急性型では、死亡率は10〜50%になる。その他、羽包を中心に腫瘍が形成される皮膚型と瞳孔の収縮と虹彩の変形を伴う眼型がある。

 

 

4.病理学的変化


 末梢神経は浮腫性に腫脹し、腕神経叢、腰神経叢、頚部迷走神経に病変が出現する。腫瘍化すると肝臓は腫大し、白色の結節がび漫性あるいは結節性に散在する。脾臓は腫大し、白色結節が多発する。ファブリキウス嚢、腎臓、卵巣、腺胃、心臓、肺、筋肉などにも腫瘍がみられる。マレック病の組織病変は炎症性腫瘍性病変で、大小様々なリンパ細胞の集積を特徴とする。

 

 

5.病原学的検査


 感染しても発症しないことが多く、ウイルス検査は確定診断にはならない。肉眼病変、組織病変から診断する。類症鑑別が必要な鶏白血病や細網内皮症とは病理組織検査で鑑別できる。

 

 

6.抗体検査


 感染しても発症しないことから、抗体検査も確定診断にはならない。

 

 

7.予防・治療


 成鶏は健康に見えても、フケ中にウイルスを放出しており、これが感染源。ワクチン免疫成立までは(孵化後2週間)は、成鶏の近くで雛を飼育しない。また、雛の管理者は衣服を交換して、ウイルスを持ち込まないようにする。ワクチンは血清型1型のものが有効で、卵内接種または孵化時に確実に接種する。卵内接種法はワクチン免疫を早期に誘導するのに優れている。治療法はない。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、鳥の病気第7版(鶏病研究会)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:ウイルス・疫学研究領域 真瀬昌司

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑