動衛研トップ > 疾病情報 > 家畜の監視伝染病 > 届出伝染病 > 伝染性ファブリキウス嚢病
届出伝染病

伝染性ファブリキウス嚢病(infectious bursal disease)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:

1.原因

 

 伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス(IBDV)は、ビルナウイルス科(Birnaviridae)、アビビルナウイルス属(avibirnavirus)に属する。ゲノムは2本鎖RNA、サイズは3.3 Kbと2.9Kb。外被をもたない正二十面体で、約60nmの粒子。血清型1型と2型に分かれ、病原性株は1型に属する。高病原性株と従来型の病原性株に分かれる。

 

 

2.疫学


 10週齢までの若齢期に多い。ワクチンが未接種の鶏群、移行抗体によってワクチンがテイクされなかった鶏群で発生する。死亡ピークは1峰性で、回復は早いが、混合感染により死亡率は増加する。

 

 

3.臨床症状


 1990年頃に日本に持ち込まれた高病原性株では、感染翌日から元気消失、2〜5日目には羽毛逆立て、下痢、沈鬱、死亡がみられ、致死率は50%以上。以前から日本にある従来型の病原性株では軽い下痢と元気消失後に回復する。不顕性感染も多い。

 

 

4.病理学的変化


 ファブリキウス嚢は水腫性に腫大し、漿膜面にゼリー様物が付着し、粘膜面は壊死し、時に出血とチーズ様物の混入がみられる。ファブリキウス嚢(F嚢)の水腫、リンパ濾胞の消失、B細胞の壊死が顕著で、回復期にはマクロファージ、T細胞の浸潤と線維化がみられるが、F嚢の萎縮は回復しない。極期には骨髄細胞の消失がみられるが、直ちに回復する。

 

 

5.病原学的検査


 F嚢中のウイルス抗原は寒天ゲル内沈降反応、蛍光抗体法、免疫病理組織検査などで検出可能である。高病原性株、従来型の病原性株、ワクチン株の識別は、VP2遺伝子の塩基配列の比較から可能である。ウイルス分離はファブリキウス嚢乳剤の鶏胚漿尿膜上接種で行う。

 

 

6.抗体検査


 ワクチン未接種鶏あるいはワクチンがテイクされなかった鶏が発病。抗体検査方法としては、寒天ゲル内沈降反応、蛍光抗体法、中和試験、ELISAがある。

 

 

7.予防・治療


 オールイン・オールアウトと鶏舎の徹底的な消毒によって、ウイルスを鶏舎から除いてから雛を導入することが重要である。ワクチンは、移行抗体のレベルを見ながら、複数回投与し、抗体応答を確認する。高病原性株の汚染地域では、移行抗体に影響されにくい中等毒ワクチンが有効である。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、鳥の病気第7版(鶏病研究会)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals

 OIE: Terrestrial Animal Health Code


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:ウイルス・疫学研究領域 真瀬昌司

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑