届出伝染病

ロイコチトゾーン病(leucocytozoonosis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:

1.原因

 

 ロイコチドゾーン属原虫は、胞子虫綱、真コクシジウム目、ロイコチトゾーン科に属する原虫である。鳥類のみに寄生し、現在約70種が知られているが、日本での鶏のロイコチトゾーン病は、ロイコチトゾ−ン・カウレリー(Leucocytozoon caulleryi)が原因である。

 

 

2.疫学


 ロイコチトゾ−ン・カウレリーは、媒介昆虫ニワトリヌカカ(Culicoides arakawae)によって伝播される。種特異性が強く、鶏以外には罹らないが、ヒナに対して病原性が強い。東南アジアを中心に発生が見られ、日本(北海道を除く)では媒介ヌカカの発生時期と一致し、毎年夏に多く発生が認められる。特に抗原虫剤の使用が禁止されている産卵鶏群では、有効な防除対策が確立されていないため問題となる。

 

 

3.臨床症状


 鶏の日齢、体重、感染スポロゾイト数により症状は異なる。日齢の高い、体重の重い鶏で症状は軽く、一度に注入されるスポロゾイト数が多いほど重い。重症の場合、沈鬱、うずくまり、羽毛を逆立て、出血、死亡する(写真1)。生残鶏では、犬座姿勢、貧血(写真2)、緑色便の排泄(写真3)、削痩、産卵低下あるいは停止、軟卵の産出がみられる。

喀血死亡鶏(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏) 左・正常鶏、右・貧血鶏(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏) 感染鶏が排泄した緑色便(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏)
写真1:喀血死亡鶏 写真2:左・正常鶏、右・貧血鶏 写真3:感染鶏が排泄した緑色便

 

4.病理学的変化


 喀血あるいは出血死亡した鶏では、皮下、腎、ファブリキウス嚢など全身各臓器の針尖大、大豆大の点状出血あるいは不整出血斑がみられる(写真4)。また、腹腔内の血液貯留(写真5)および気管内・そ嚢内に血液を容れているものもある。更に、心外膜、肝包膜、膵臓に針尖大のシゾントがみられることもある。鶏冠が貧血して緑色便を排泄している鶏では、脾臓の腫大がみられる。組織学的には、シゾントによる血管の栓塞、破綻性または濾出性出血、鬱血および水腫が認められ、メロゾイトを放出したシゾントには、異物巨細胞、マクロファージ、リンパ球などの細胞浸潤がみられる。

胸筋の点状出血(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏) 腹腔内血液貯留(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏)
写真4:胸筋の点状出血 写真5:腹腔内血液貯留

 

 

5.病原学的検査


 喀血や出血で死亡した鶏では、出血部位の生鮮圧片標本(写真6)や組織切片(写真7)によりシゾントを確認する。貧血や緑色便を排泄している鶏では、末梢血液塗抹標本(薄層)を作製し、ギムザ染色後、赤血球内に寄生するメロゾイト(写真8)あるいは血球外のガメトサイト(写真9)を検出する。

腎臓の生鮮圧片標本でのシゾント塊(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏) 組織標本での第2代シゾント(ヘマトキシリン・エオジン染色)(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏) 胸筋の点状出血(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏) 血液塗抹標本でのミクロガメトサイト(上、赤紫色)およびマクロガメトサイト(下、青紫色)、(ギムザ染色)(原図:動物衛生研究所、磯部 尚氏)
写真6:腎臓の生鮮圧片標本でのシゾント塊 写真7:組織標本での第2代シゾント(ヘマトキシリン・エオジン染色) 写真8:血液塗抹標本でのメロゾイト(ギムザ染色) 写真9:血液塗抹標本でのミクロガメトサイト(上、赤紫色)およびマクロガメトサイト(下、青紫色)、(ギムザ染色)

 

6.抗体検査


 寒天ゲル内沈降反応。

 

 

7.予防・治療


 ブロイラーおよび10週齢までの採卵鶏ヒナには、飼料添加剤としてアンプロリウム・エトパベイト・スルファキノキサリンの合剤やハロフジノン・ポリスチレン・スルホン酸カルシウムなどが用いられ、10週齢以降産卵開始前までの採卵鶏ヒナには、サルファ剤やその関連合剤である動物用医薬品を用いて予防する。産卵鶏に対しては、媒介昆虫対策として殺虫剤を散布し数を減らして感染の機会を減らす。また、発症軽減効果のあるシゾント由来のR7蛋白分子組換え体であるサブユニットワクチンが市販されており、5週齢以降の採卵用雛に利用できる。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、鳥の病気第6版(鶏病研究会)、最新家畜寄生虫病学(朝倉書店)


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 八田岳士

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑