届出伝染病

兎粘液腫(myxomatosis)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:

1.原因

 

 ポックスウイルス科、コルドポックスウイルス亜科、レポリポックスウイルス属の粘液腫ウイルス (myxoma virus)。2本鎖DNAウイルスで、形態はレンガ状をしており、大きさは300×250×200 nm、エンベロープを有する。

 

 

2.疫学


 南米および北米大陸に棲息するワタオウサギ(Sylvilagus)属の兎で流行していた疾病であったが、豪州や欧州の特定の地域に人為的に持ち込まれ、これらの地域でも常在している。わが国での発生はない。欧州産のアナウサギ(Oryctolagus)属の兎は重篤化しやすく、ワタオウサギは症状が軽い。兎間の直接接触による他、吸血昆虫(主にウサギノミ)により機械的に伝播される。

 

 

3.臨床症状


 全身(特に眼瞼周囲や生殖器周辺)の皮下にゼラチン状の腫瘍(粘液腫)を形成する。さらに膿性鼻汁の漏出、結膜炎あるいは失明、発熱、食欲低下、元気消失、細菌の二次感染による肺炎、多臓器不全が起こり、発病後2週間以内に死亡する。強毒ウイルスによる急性感染の場合は、元気消失以外の特徴的変化を認めず発病後48時間以内に死亡する。一方、ワタオウサギでは死亡せず、感染部位に良性の線維腫が形成されるのみである。

 

 

4.病理学的変化


 真皮から皮下にかけて、境界明瞭な水腫性の腫脹が認められる。粘液様物質がその主体をなし、その中で紡錘型または星芒状の腫瘍細胞が疎に散在する。腫瘍細胞の細胞質内には好酸性の封入体が認められる。一部出血を伴う。

 

 

5.病原学的検査


 生検材料からウイルスを分離する。

 

 

6.抗体検査


 ELISAにより抗体を測定する。

 

 

7.予防・治療


 欧州では、ペットの兎に対して弱毒生ワクチンの接種が行われている。有効な治療法はなく、発症動物に対して対症療法や二次感染防止等の処置を行う。わが国において輸入検疫で本症が見つかった場合、輸出国への返送もしくは殺処分を行う。

 

 

8.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals


編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:寒地酪農衛生研究領域 畠間真一

(平成24年9月3日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑