届出伝染病

ノゼマ病(nosemosis of bees)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:蜜蜂

1.原因

 

 微胞子虫類、ノゼマ科の原虫Nosema apisが原因で起こる成蜂の消化管疾患である。成蜂が経口的に摂取した胞子(4.6〜6.4×2.5〜3.4μm:楕円形)は、腸管内で発芽した極糸を通して胞子原形質を中腸上皮細胞に送り込む。その後増殖して多量の胞子を形成し、糞と共に体外に排泄された胞子が貯蜜などを汚染し次の感染源となる。胞子は巣箱内を汚染した乾燥排泄物中で数ヶ月間にわたり生残するといわれる。

 

 

2.疫学


 わが国での本病の発生は1958年に初めて報告されたが、その後の状況は明確でない。成蜂の個体数減少を引き起こす主要な原因として養蜂にとっては大きな影響を与える疾病の一つであるが、多くの養蜂家は重要性を認識していない風潮があるといわれる。1997年の家畜伝染病予防法の改正により届出伝染病となり、その翌年に家畜保健衛生所により確定診断された症例が報告された。

 

 

3.臨床症状


 早春に発生し、腹部膨満、体表面異常、飛翔不能、寿命短縮等がみられる。感染は中腸上皮に限局し、他の臓器に広がることはない。感染した蜂は糞詰まりの状態を呈し、腹部膨満、飛翔不能となり、巣門周辺を徘徊する。下痢による巣箱の異常な汚れも認められるが、ノゼマ原虫の感染が下痢の直接的な原因とする証拠はない。

 

 

4.病原学的検査


 成蜂消化管内の原虫を検出する。具体的には中腸内容のスメアをギムザ染色し、鏡検してノゼマ胞子を観察する。

 

 

5.予防・治療


 わが国では許可された有効な薬剤は無いことから、群を強勢に保ち、盗蜂を防ぐなどの飼養管理、越冬期の疾病まん延を防ぐ器具資材の酢酸液による消毒など基本的衛生管理を徹底するなどが重要である。

 

 

6.発生情報


 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

7.参考情報


 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、Honey Bee Pathology 2nd edition(Academic Press)、改訂獣医寄生虫学・寄生虫病学総論/原虫(講談社サイエンティフィク) 

 OIE: Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals

ノゼマ病−1(原図:動物衛生研究所、浜岡隆文氏) ノゼマ病−2(原図:動物衛生研究所、浜岡隆文氏)
写真1:ノゼマの胞子、ギムザ濃染の構造物を中に持つ米粒形の胞子(ノゼマ感染成蜂の中腸スメア、ギムザ染色×1,000) 写真2:ノゼマ病中腸病変:中腸上皮細胞内の多数のノゼマ中体が観察できる。

編集:動物衛生研究部門 疾病対策部病性鑑定グループ、文責:細菌・寄生虫研究領域 八田岳士

(平成29年9月21日 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢・粘膜病
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛白血病
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ病
  20. 20 トリコモナス病
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 馬モルビリウイルス肺炎
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ病
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳脊髄炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚エンテロウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 伝染性気管支炎
  58. 58 伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鶏結核病
  62. 62 鶏マイコプラズマ病
  63. 63 ロイコチトゾーン病
  64. 64 あひる肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎ウイルス性出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア病
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ病

ページの先頭へ↑