スズラン

学名:Convallaria keiskei Miq.

ドイツスズラン

学名:Convallaria majalis L.

英名:lily of valley

北海道や東北地方の高山に自生する多年草ですが、特に北海道を代表する花として知られています。初夏に花茎を出して穂状に白い可憐な花を咲かせ、その後球形の赤い液果をつけます。芳香があり、香水の原料にもなります。園芸用として庭に植えられているのはドイツスズラン(セイヨウスズラン)で、スズランに比べて葉が多く、色も濃緑色で光沢があり、香気も強いのが特徴です。スズランの根も強心利尿薬として用いられました。

ドイツスズラン

有毒成分

スズランには強心配糖体、コンバラトキシン(convallatoxin) 、コンバラマリン(convallamarin)が含まれます(2)。有毒成分は全草に含まれますが、特に花の部分に多く含まれます。また、スズランを差した花ビンの水を飲んでも、中毒を起こすことがあるということです。強心配糖体の詳細については、キョウチクトウの項を参照してください。

検査法

臨床薬として使われている強心配糖体ジゴキシンおよびジギトキシンの高感度定量法として蛍光偏光免疫測定法があり、他の強心配糖体も検出できるといわれていますが、高価な装置(Abbott TDx analyzer)を必要とします(1)。そのほか、高速液体クロマトグラフや薄層クロマトグラフによる検出法が報告されています。

中毒症状

症状としてはまず流涎、嘔吐、疝痛、下痢などの消化器障害が現れます。ついで心臓作用が現れますが、はじめ脈拍は異常に強盛、かつ緩徐で、しだいに心筋の異常興奮のため脈拍頻数、不規則、細弱となり、呼吸も浅弱を示し、四肢けつ冷、痙攣、蹌踉、麻痺、呼吸困難を起こします。その他の症状として、多尿、蛋白尿、頻尿などの腎炎症状も示します。重症のものは昏睡状態に陥り、四肢脱力、呼吸麻痺、麻痺性イレウスの症状を示し、最後は痙攣を起こして死亡します(家畜有毒植物学)。

病理所見

胃腸炎および心筋炎を主徴とし、心内膜炎、弛緩性心麻痺、肺の充血および溢出血斑を示します(家畜有毒植物学)。

文献

1) Cheung, K. et al. 1989. Detection of poisoning by plant-origin cardiac glycoside with the Abbott TDx analyzer. Clin. Chem. (2):295-297.

2) Spoerke, D.G. 1990. Cardiac glycosides. In Toxicity of house plant. (CRC press) p11-13.

 

目次へ戻る

トップページへ戻る


最終更新日:2018.2.8
本ウェブサイトの情報を無断で転用することを禁じます
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
 

  

農研機構ホーム