【表題】 メタン脱窒反応に対するメタンと酸素濃度の影響

【著者名】 和木美代子他(M. Waki )
【所属】 (独)農研機構畜産草地研究所
【発行年】 2004
【雑誌名】 Japanese Journal of Water Treatment Biology
【巻】 40−2
【頁】 53−61
【要約】 酸素およびメタンを必要とするメタン脱窒反応では、高い活性を得るには溶存酸素濃度が脱窒に適する状態まで低下するメタン/酸素比1以上の条件を満たす必要があり、またこの条件では酸素濃度が高いほど高い活性が得られることを示した。
【要約者】 浄化システム研究チーム

[ 2010/12/24 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る