【表題】 有機物層埋設による窒素の形態変化と硝酸態窒素の低減化

【著者名】 遠山直人;島田直樹;松本 聰
【所属】 東京大学農学部
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 39(Part T)
【頁】 12(2−5)
【要約】 本研究では水中の硝酸態窒素の除去を目的として実験を行った。内径4.5cm、高さ20cmのガラスカラムに、けい砂、稲藁粉砕物、ゼオライト、風乾細土をカラム下部からこの順序で充填し、硝酸塩及び、燐酸塩を含む溶液を上方浸潤させた。硝酸態窒素については、稲藁を埋設した黒ボク土及び鹿沼土で、2回目から急激に減少し、7回目からまた徐々に溶出してきた。アンモニア態窒素は、黒ボク土では、6回目から6mgL−1を越えた。リン酸イオンは、全てにおいて検出されなかった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る