【表題】 アルカリ性マグネシウム資材を用いた畜産排水中リン低減技術

【著者名】 日置雅之;榊原幹男
【所属】 愛知県農業総合試験場畜産研究部
【発行年】 2012
【雑誌名】 愛知県農業総合試験場研究報告
【巻】 44
【頁】 109−114
【要約】 本研究では、畜産排水中の溶存態無機リン(以下、DIP)濃度低減を目的として、畜舎汚水に数種類のマグネシウム資材を添加し、DIP濃度低下率とpH、溶存態マグネシウム(以下、D-Mg)濃度に及ぼす影響を明らかにすると共に、DIP低減効果の最も高い資材を選定した。さらに、その資材について59日間にわたる連続的なDIP低減効果効果を検証した。【材料および方法】@ 畜舎汚水へ以下のマグネシウム資材を供試し、その添加量を変えることにより、汚水中DIP濃度の低下割合を比較検討した。アルカリ性マグネシウム資材として、塩基性炭酸マグネシウム(以下、炭酸マグ)、酸化マグネシウム(以下、酸化マグ)、水酸化マグネシウム(以下、水酸化マグ)を供試した。なお、対照として酸性マグネシウム資材である塩化マグネシウム6水和物(以下、塩化マグ)を供試した。A酸化マグネシウムによる畜舎汚水中DIP濃度低減効果の実証:試験@で汚水中濃度の低減効果が最も高かった酸化マグを用いて、バッチ試験を連続的に行った。汚水交換時に酸化マグを汚水1 Lに対し、Mgとして0、127、254、381、508 mgの割合となるように懸濁液として添加した。【結果】@DIP濃度は資材の添加量が多くなると低くなる傾向を示し、その傾向は、酸化マグ>塩化マグ>水酸化マグ>炭酸マグの順に顕著であった。特に、酸化マグを添加した場合、原汚水中の51〜96%のDIPが低下した。D-Mg濃度は、資材の種類、添加量によって差が認められ、資材別では、塩化マグ>酸化マグ>炭酸マグ>水酸化マグの順に高かった。また、塩化マグ、酸化マグでは、添加量の増加に伴いD-Mg濃度は顕著に上昇したが、水酸化マグ、炭酸マグでは濃度上昇はわずかであった。A 汚水に浸漬した亜鉛メッキ網への結晶の付着は、試験開始1週間目には酸化マグを添加した全ての区で認められた。その後も網に付着した結晶は発達したが、試験終了時の網への付着物の量は2.7〜5.5 g程度であった。付着物中のNH4+-N、P、Mgの濃度は、処理区による違いは認められなかった。また、それらの構成比は、MAPの構成比(N:P:Mg=5.7:12.6:9.9)とほぼ同程度であった。試験期間を通じて原汚水からNH4+-N、DIPはそれぞれ65.2 g、30.8 g投入され、酸化マグの添加によってNH4+-Nで19.5〜41.1 g、DIPでは8.7〜28.0 g浄化できた。しかし、浄化された量のうち結晶により回収できたものは、NH4+-Nで0.1〜0.3 g、DIPで0.3〜0.7 gと共にわずかであった。
【要約者】 竹中洋一

[ 2013/12/26 掲載 ]


[ 文献リスト ] のページ に戻る