【表題】 炭化物を副資材として利用した豚ふんの堆肥化(第1報)−農林業系炭化物の利用−

【著者名】 坂井隆宏;山崎陽祐;脇谷裕一郎;式町秀明
【所属】 佐賀県畜産試験場;佐賀大学農学部;佐賀県畜産課
【発行年】 2005
【雑誌名】 佐賀県畜産試験場試験研究成績書
【巻】 41
【頁】 131−135
【要約】 農林業系炭化物として木炭およびモミガラ薫炭を豚ふん堆肥化時の副資材として利用し、副資材としての利用特性および堆肥化後の施用を検討した。【材料および方法】[試験区分]@オガクズ区(対照区):豚ふん4.0kgにオガクズ1.2kgを混合して堆肥化 Aモミガラ薫炭区:豚ふん4.0kgにオガクズ0.6kgとモミガラ薫炭0.6kgを混合して堆肥化 B木炭区:豚ふん4.0kgにオガクズ0.6kgと木炭0.6kgを混合して堆肥化 [堆肥化方法]豚ふんと炭化物およびオガクズとの混合物をそれぞれ小型堆肥化実験装置(富士平社製、かぐやひめ)に充填し室温で800mL/分で通気し、28日間堆肥化を行った。7、14、21日目に切り返しを行った。[栽培試験方法]堆肥化終了後の堆肥について、コマツナの栽培試験を行った。プランター栽培試験は窒素施用量10kg/10aを基準として堆肥の施用を行った。露地栽培試験は窒素施用量20kg/10aを基準として堆肥の施用を行った。【結果】@ 供試材料の成分:各副資材間で石灰、苦土は木炭が高く、カリはモミガラ薫炭が高い傾向を示した。A 堆肥温度はモミガラ薫炭区。木炭区ともオガクズ区と比較して全体にほぼ遜色ない温度上昇を示した。堆肥化期間中の最高温度はオガクズ区、モミガラ薫炭区、木炭区それぞれ69.2℃、70.0℃、68.3℃であった。B 容積重は全般的に木炭区が高く推移した。C 水分収支:堆肥化開始時の水分は試験区間でほとんど差は見られなかったが、終了後の水分はモミガラ薫炭区が最も低くなっていた。凝縮水はモミガラ薫炭区が最も多く、排汁は木炭区が最も多かった。D 肥料成分は炭化物の混合によって全体的に増加する傾向が見られた。E 臭気成分:炭化物の混合による臭気発生に対する明確な傾向や差は見られなかった。F 栽培試験:全般的に炭化物を混合した区の生育が良くなる傾向にあり、特にプランター栽培試験での葉数でオガクズ区と木炭区の間に有意差が見られた。【考察】@ 本試験の結果により、オガクズと半量ずつ混合すれば、モミガラ薫炭、木炭が豚ふん堆肥化時の副資材として利用できること、および出来上がり後の堆肥が通常のオガクズ−豚ふん堆肥よりも肥料成分に富み、窒素基準で施用した場合はオガクズ−豚ふん堆肥よりも良好な生育を示すことが確認された。A 木炭区は容積重が大きくなり、堆肥内部が比較的圧密された状態となって、排汁の量が多くなったことから、モミガラ薫炭と木炭を比較すれば、モミガラ薫炭の方が堆肥化副資材として利用しやすいと考えられる。
【要約者】 竹中洋一

[ 2013/12/26 掲載 ]


[ 文献リスト ] のページ に戻る