【表題】 好気的な浅層地下水中で脱窒が行われていることについて−溶存ガス分析からのアプローチ

【著者名】 楊 宗興;戸田任重;竹内 誠
【所属】 農林水産省農業環境研究所
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 39(Part T)
【頁】 171(11−23)
【要約】 狭義のNO3−除去メカニズムである脱窒が地下水中で行われている可能性を溶存ガス分析から検討した。これまで測定した△N2値は-0.04から2.8ml・1−1の範囲であり(n=9)、大部分の測定で過剰N2が検出された。また、湧出部に認められる気泡のガス組成も、Ar濃度が大気と等しいのにN2濃度は大気よりも有意に高く、溶存ガス分析の結果を支持するものであった。
【要約者】 農林水産省畜産試験場飼養技術部

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る