【表題】 木炭および木酢の一般特性

【著者名】 美濃健一;鎌田賢一
【所属】 北海道立中央農業試験場
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 39(Part U)
【頁】 246(31)
【要約】 粒状コンポストに木炭を加え、加温した後の臭気を測定した結果、臭気は木炭50%添加(重量%)でほぼなくなり、10%でもかなり脱臭された。木酢液の各資材の化学性は、pHが2.65〜3.28、フェノールが1075〜7900ppm、鉄が0.7〜1167ppmであり、材料や製造方法によって、濃度差の大きいことが推定された。
【要約者】 農林水産省畜産試験場飼養技術部

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る