【表題】 酪農雑排水処理実施設への微生物保持担体としての球状パーライトの投入効果

【著者名】 田中康男;舘野浩一;永松保久;山本正己;柴崎能誌;山下恭広
【所属】 (独)農研機構 畜産草地研究所;JA全農;樺国工業
【発行年】 2014
【雑誌名】 日本畜産学会報
【巻】 85−1
【頁】 41−49
【要約】 直径1.5〜3mmの球状パーライトを微生物保持担体として活性汚泥曝気槽に投入した場合の効果について、千葉県の2軒の酪農家に設定された2つの酪農雑排水浄化用表面曝気回分式活性汚泥法施設(施設1:容積50?,施設2:容積30 ?)で検討した。パーライトは2012年11月(一部は12月)に、見かけ容積として曝気槽容積の10%添加し、投入前の約1ヵ月半に5〜6回、投入後の約1ヵ月間に6〜7回採水し水質等の分析を行った。【材料と方法】[試験施設の概要]@ 上記浄化施設の曝気は表面機械曝気方式で、攪拌用インペラーの下部には槽内液の循環を効率よく行うための対流筒が設置されている。A 施設1の農場の飼養規模は搾乳牛70頭の繋飼いで、糞の搬出にはバーンクリーナーを使用。汚水処理量は4.2?/日、希釈水(地下水)量は16.8?/日である。曝気槽容積は50?で、インペラーおよび対流筒は5ヵ所に設置されている。B 施設2の農場の飼養規模は搾乳牛37頭の繋飼いで、糞の搬出は手掻きである。汚水量は2.2?/日、希釈水(地下水)量は9.8?/日である。曝気槽容積は30?で、インペラーおよび対流筒は3ヵ所に設置されている。【結果と考察】@ 曝気槽混合液中の粒状および粉末状のパーライトの合計濃度は投入後一旦高まったが、その後は徐々に低下した。 曝気槽はインペラーによる表面曝気方式であったため、パーライトがインペラーにより破砕され、処理水とともに流出したと推測された。A 投入後は両施設とも水温が18℃から12℃まで徐々に低下したが,施設1では、全窒素および全無機態窒素の除去率が80%から95%程度にまで徐々に上昇した。施設2では、全窒素および全無機態窒素除去率が68〜77%に維持された。B また、投入後には、施設1 ではNO2--N, NO3--N の両方が、また施設2ではNO2--N が顕著に上昇し、硝化活性の上昇が示唆された。C 粒状および粉末状パーライトの合計重量がMLSSに占める割合と単位汚泥量あたりのThauera属DNAコピー数との間には有意な相関がみられた。よって、Thauera属の菌体量増加にパーライトが影響を及ぼした可能性が示唆された。D 以上の結果より、パーライト投入が窒素除去に効果を及ぼしたことが示唆された。E 今後、パーライト粒の流出を効果的に阻止しつつ、しかも閉塞が生じないような処理水の引き抜き手法を確立することが必要である。この点が克服されれば、実用化に向けて大きく近づくものと予想される。
【要約者】 竹中洋一

[ 2016/1/4 掲載 ]


[ 文献リスト ] のページ に戻る