【表題】 各種植物から放出される含硫ガス組成

【著者名】 神田健一;鶴田治雄;陽 捷行
【所属】 農林水産省農業環境技術研究所
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 39(Part U)
【頁】 308(64)
【要約】 植物起源の含硫ガスとしてDNS、硫化水素、カルボニルサルファイド(COS)、メタンオールおよび二酸化炭素がこれまでに報告されている。これらの植物から放出される含硫ガスとしてDMS、メタンオール、COS、二硫化炭素、硫化水素およびプロパンチオールを検出した。DMSは多くの植物で主要に放出される含硫ガスであった。メタンチオールが主要な放出ガスである植物はダイコン、ハクサイ、カブおよびキュウリであった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る