【表題】 有機物の種類が水稲の収量・品質に及ぼす影響

【著者名】 鈴木智香子;澤田守男
【所属】 愛知県農業総合試験場
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 39(Part U)
【頁】 316(10)
【要約】 ポット試験では、施用量の増加に伴い、収量は増加した。しかし、1年目は、有機物施用量の増加にほぼ対応した収量の増加が見られたが、3年目では、その増加割合は少なかった。また、施用量が多いほど、1年目と比べて収量に差がないか、又は逆に低くなるものもみられた。有機物の連用効果は、油かす、鶏ふん、牛ふんの順で高くなり、C/N比の大きさに比例した。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る