【表題】 キャベツの生育収量と土壌の理化学性に及ぼす熱帯性マメ科緑肥植物のすき込みの影響

【著者名】 マッバオナ;鬼頭 誠;吉田重方
【所属】 名古屋大学附属農場
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 39(Part U)
【頁】 329(5)
【要約】 マメ科緑肥植物の乾物生産量と窒素、カリウム、カルシウムおよびマグネシウム吸収量との間には有意な正の高い相関が認められた。緑肥植物のすき込みによるキャベツの増収効果はキャベツの養分吸収量(窒素、リン、カリウム、カルシウム)と正の相関があり、その中でもカリウム吸収と有意な相関(r=0.777)が認められた。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る