【表題】 家畜ふん尿のメタン発酵処理及び利用に関する試験(第4報)

【著者名】 本多勝男;萩原達也;曽我昭新
【所属】 神奈川県畜産試験場
【発行年】 1984
【雑誌名】 神奈川県畜産試験場研究報告
【巻】 74
【頁】 69−86
【要約】 メタン発酵施設各装置(発酵槽、発酵槽内撹拌装置、発生ガスの水抜・脱硫装置、メタンガス発電機)の改良を行ったところ、その改良効果は次のとおりであった。水抜槽を省略し、市販脱硫剤のかわりに鉄の加工くず(旋盤のきりこ)を充てんした水抜兼脱硫槽を設けて発生ガスの水抜・脱硫を行ったところ、鉄加工くずにより市販脱硫剤の代替えが可能であり、脱硫効果から計算すると鉄加工くず1Kgは市販脱硫剤0.56Kgに相当した。なお、水抜槽省略による弊害は起こらなかった。エンジン廃熱回収装置メタンガス発電機に排気ガス廃熱回収装置を取り付けたことにより、メタンガスが持つエネルギーの有効利用率が17.5%増えて49.8%となった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る