【表題】 北陸地域におけるメタンガス発生利用試験−温湯希釈加温方法と畜種別ガス発生量−

【著者名】 澗口良夫;堀 久夫;田村善三郎;玉谷隆治
【所属】 石川県畜産試験場
【発行年】 1982
【雑誌名】 石川県畜産試験場研究報告
【巻】 17
【頁】 75−81
【要約】 メタンガス発生施設を利用して、1890・11・15〜1982・3・31の500日間について、豚糞・鶏糞を原料とした、メタンガス発生試験を実施し次のような結果が得られた。発酵槽投入希釈温度平均39.2℃±2.8で投入したところ、発酵槽内温度が35.3℃±0.9に維持できた。発酵槽内のPHは7.43とメタン発酵の適正範囲内であった。発酵槽内の有機物質荷は、2.333Kg/u/日であった。ガス発生量は、日平均7,981L±1,722・生糞1Kg当たり、17.2L・乾物1Kg当たり499L・有機物1Kg当たり570Lであった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る