【表題】 家畜ふん尿によるメタン発酵試験

【著者名】 川野辺章夫;下嵜雅子;石末茂英
【所属】 栃木県畜産試験場
【発行年】 1986
【雑誌名】 栃木県畜産試験場研究報告
【巻】 52
【頁】 95−100
【要約】 メタンガス発生の効率を高めると共にメタン発酵処理過程で排出される消化廃液量の低減を図るため、消化廃液をリサイクルして、ふんの希釈液として再利用する方法を検討した。その結果、本方法で行った試験区は、従来どおり水で希釈する対象区と比較して、ガス発生量が40%高くなり、また、処理すべき消化廃液量は対象区の1/4に減少させることができた。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る