【表題】 温州ミカン園における有機物施用効果の解析 第3報 オガクズ混入きゅう肥のチッ素肥効率の査定

【著者名】 岩本数人;中路正紹;高橋祐子;岡島量男;野口法子
【所属】 熊本県果樹試験場;熊本県茶業試験場;熊本県蚕業試験場
【発行年】 1985
【雑誌名】 九州農業研究
【巻】 47
【頁】 241
【要約】 きゅう肥のN肥効率を、ポット規模による屋内実験で検討した。脱窒量等が約30%程度見込まれること、連用土壌から溶出したNが6Kg測定されたこと、ならびに第2報の圃場試験の結果より、きゅう肥連用の場合のN肥効率は約50%強と推定してよいと思われる。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る