【表題】 温州ミカン園における有機物施用効果の解析 第4報 有機物施用と土壌中での無機態Nの発現

【著者名】 岩本数人;中路正紹;高橋祐子;岡島量男;野口法子
【所属】 熊本県果樹試験場;熊本県茶業試験場;熊本県蚕業試験場
【発行年】 1985
【雑誌名】 九州農業研究
【巻】 47
【頁】 242
【要約】 7月から10月に無機態Nの多いきゅう肥連用土では、ミカンの成熟期前に炭素率の高い有機物資材を投入することによって、Nのおそ効きを抑制し、果実品質への悪影響を防止できると考えられた。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る