【表題】 リンゴ園で使用される堆きゅう肥の品質判定に対する幼植物検定の利用

【著者名】 今 智之;成田春蔵;加藤 正;桜田 哲
【所属】 青森県りんご試験場
【発行年】 1988
【雑誌名】 東北農業研究
【巻】 41
【頁】 225−226
【要約】 リンゴ園で使用されている堆きゅう肥の品質を簡易に判定するために、コマツナの生育とリンゴ実生及びリンゴ苗木の生育との比較したところ、コマツナで生育が劣った堆きゅう肥では、リンゴ実生及びリンゴ苗木でも生育が劣る傾向にあり、コマツナを2〜3週間栽培することによって、その生育から、容易に判断することができる。コマツナが生育不良を起こした原因は、未熟な堆きゅう肥のために、窒素飢餓を起こしたことによるものである。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る