【表題】 砂丘造成園における有機物施用方法がブドウ樹の根群分布に及ぼす影響

【著者名】 田口辰雄;森田 泉
【所属】 秋田県果樹試験場天王分場
【発行年】 1990
【雑誌名】 東北農業研究
【巻】 43
【頁】 211−212
【要約】 ブドウ`スチューベン'の若木において、栽植された土壌のち密度が高い場合は、トレーチャーあるいはスコップ等による手堀りにより、土壌物理性の改善と有機物の施用を併用することで、根の発達と根群の拡大に影響することが明らかであった。また有機物の施用量は単位面積当たりよりも単位容積当たり投入量が多いほど根量及び細根量の多いことが明らかであった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る