【表題】 家畜排泄物の成型化とエネルギー利用技術 第U報 材料の選択と処理法

【著者名】 福光健二
【所属】 群馬県畜産試験場
【発行年】 1982
【雑誌名】 畜産の研究
【巻】 36
【頁】 1121−1123
【要約】 成型過程にすすめる場合における、堆肥化のための調節材としての一応の基本条件を、吸水率150%以上(乾物)大きさは、球状を例として1mm以上、ワラ等長大物は3cm以下。吸水速度が、事故吸水率達成に2日以内。可燃性が望ましく、比較的原型を保ち得るものとして、コストは低廉であることが望ましい。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る