【表題】 リン酸プレカラムを用いたガスクロマトグラフィ−による低級脂肪酸の分析

【著者名】 崎元道男
【所属】 大阪府農林技術センター
【発行年】 1983
【雑誌名】 日畜会報
【巻】 54−2
【頁】 115−116
【要約】 脂肪酸をナトリウム水溶液のままGCに注入し、GC中で遊離させて、分析する方法について検討した。今回検討した方法によるVFAの定量は充分可能であると考えられる。この方法を用いれば,VFAはナトリウム水溶液のまま保存,分析でき,従来の方法のようにナトリウム溶液の濃縮→蒸発乾固→酸による遊離化→エーテル抽出等の操作が省略できることから,水蒸気蒸留法と組み合わせることにより,検体処理操作の簡素化および分析時間の短縮が可能になり,回収率の向上が期待できる。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る