【表題】 豚舎構造に関する試験 オガクズ利用の豚房形式に関する試験(完)

【著者名】 小林政雄;田中喜文;吉岡 信;仲沢 弘
【所属】 山梨県畜産試験場
【発行年】 1984
【雑誌名】 山梨県畜産試験場研究報告
【巻】 31
【頁】 40−45
【要約】 オガクズ敷料の効率的利用について、豚舎構造と除ふん作業の省力化の面から検討した。豚房構造は一般群飼型(平面)を対照区として、後方傾斜型、一部高床型(房内堆積)、房内全面堆積型の三種類として、1群8頭で肥育試験を実施した。結果は次のとおりとなった。発育成績からみて、一般群飼型に比して後方傾斜型ではオガクズ投入量は夏1/2、冬では同量必要となった。一部高床型では、夏30%、冬35%程度となった。房内堆積型では、夏45%、冬50%程度となった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る