【表題】 豚の高床式分娩柵の効率的利用法

【著者名】 大和碩哉;投野和彦;古賀康弘
【所属】 福岡県農業試験場畜産研究所
【発行年】 1990
【雑誌名】 福岡県農業試験場研究報告
【巻】 C−10
【頁】 9−12
【要約】 従来の平床式分娩柵に代わる高床式分娩柵の効率的な利用方法を明らかにするために、平床式分娩柵との床構造及び高床式分娩柵の床材質について比較検討した。高床式分娩柵は、平床式と比較し構造が網状であるために、ふん尿の切れが良く、母豚の汚れも少なく、子豚の発育は良好であった。飼養管理作業時間は、平床式分娩柵に比べ37%と大幅に省力化された。高床式分娩柵の床材質の比較では、母豚の汚染状況について、スチールスラットが最も清潔であった。母豚の肢蹄損傷状況は、ビニールコーティングと鋳物ではほとんど損傷がなかった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る