【表題】 悪臭難分解性物質の微生物処理の研究(2)3−メチルインドール分解系の構築

【著者名】 国分嘉光;園元謙二;村野仁美;木村太門;古賀 実
【所属】 九工大・情報工・生化システム工;東陶機器・基礎研;産業医大・共利研
【発行年】 1992
【雑誌名】 日本農芸化学会誌
【巻】 66
【頁】 523
【要約】 3-メチルインドール(3-MI)を分解、資化できる菌株TO136を用いて、最適な分解系の構築とその代謝物の同定について比較、検討を行った。3-MIは反応48時間後には約80%が消失していた。これはこれまでの報告例の中でも極めて高い処理能力であった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る