【表題】 家畜ふん尿の機械処理利用技術の開発改良に関する研究 T.乳牛ふん尿の物理的性状(コンシステンシー、流体としての性質・性状)とそれによる区分

【著者名】 新井澄男;塩谷哲夫;今泉七郎
【所属】 農林水産省草地試験場;農事試験場
【発行年】 1976
【雑誌名】 草地試験場研究報告
【巻】
【頁】 90−102
【要約】 家畜ふん尿の処理利用技術の開発改良のため、機械的取扱いの観点から乳牛ふん尿の物理的特性を究明する目的で本研究を実施した。ふん尿の機械的取扱性に関する力学的な基礎資料として、そのコンシステンシーについて試験した。排泄直後の搾乳牛ふんの水分含量は含水比で示すと550-750%で、測定数の約80%はこの範囲の値を示した。泥状ふん尿の流体特性について検討した結果、乳牛ふん尿は濃度によって大きな変化を示し、含水比約1300%以下では疑塑性流体としての性質を示し、含水比約1800%以上ではニュートン流体とみなしうる特性を示した。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る