【表題】 悪臭公害の微生物防除(第6報)−固定化硝化細菌によるアンモニアの除去−

【著者名】 中西浩一;豊澤義也;菅原那明;太田欽幸
【所属】 広大・生物生産
【発行年】 1990
【雑誌名】 日本農芸化学会誌
【巻】 64
【頁】 652
【要約】 悪臭の一成分であるアンモニアの除去に純粋分離の独立栄養硝化細菌を固定化したバイオフィルターを用いて実験を行った。供試菌株は亜硝酸菌としてNitrosomonas europaea ATCC25978 を用い、亜硝酸菌として当研究室で分離したNitrobacter sp. 61Sを用いた。両菌株をそれぞれ8日間培養したものを集菌し、これを滅菌したオガクズに固定化しこれにモミガラを混ぜたものをバイオフィルターとし、直径100mm、長さ700mm、または直径50mm、長さ600mmのカラムに充填しその作動条件を検討した。pH8.0、含水比45%、温度30℃でカラムを作動させることにより、最もよいアンモニア除去能が得られた。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る