【表題】 解放・放し飼い乳牛舎におけるいわゆるボロ出し作業の改善に関する研究 U.全作業体系の所要労力および経費の分析と運搬工程の改善

【著者名】 小池袈裟美;酒井 学;新井澄男;渡辺和雄;阿見艶子
【所属】 農林水産省畜産試験場
【発行年】 1967
【雑誌名】 畜産試験場研究報告
【巻】 13
【頁】 1−10
【要約】 開放・放し飼い乳牛舎のボロ(1作業当たり20〜100t)を、40〜50ps級トラクタを基幹動力として取り出したい肥場へ運搬する作業の所要時間・所要経費を測定、解析した。作業体系としてのボロ1t当たり所要時間は、機械動力で0.16〜0.23、トラクタ−時、人力で0.48〜0.68人−時であった。そして、この時間は、1回の作業で扱うボロ総量が20t程度の場合は、35t以上の場合よりやや多かった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る