【表題】 解放・放し飼い乳牛舎におけるいわゆるボロ出し作業の改善に関する研究 T.ボロの物理的性状

【著者名】 小池袈裟美;酒井 学;新井澄男;渡辺和雄;阿見艶子
【所属】 農林水産省畜産試験場
【発行年】 1966
【雑誌名】 畜産試験場研究報告
【巻】 12
【頁】 25−31
【要約】 成牛30頭を収容する畜舎で、休息場内のボロ堆積期間を1、2、3および4カ月の4段階に変え、取出し時のボロの量の質を測定した。ボロの量は、堆積期間が長くなるにつれて増す。畜舎内の休息場および運動場の総堆積量は、敷わら供給が少ない夏期で1カ月当たり17〜20t、その供給が多い冬季には23〜25tであった。ボロの大部分(約86%)は休息場内に堆積している。休息場、運動場を通じて、その組成の大半は水分によって占められ、ボロの容積含水率は約40〜70%、重量含水率(湿重基準)は約60〜84%におよぶ。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る