【表題】 悪臭公害の微生物防除(第四報)−無臭化細菌によるDimethyl sulfide の除去−

【著者名】 井手雄二;太田欽幸
【所属】 広大生物生産
【発行年】 1988
【雑誌名】 日本農芸化学会誌
【巻】 62
【頁】 403
【要約】 H2S酸化能の高い微生物Rhodococus sp.B.261 を用いてDimethyl sulfide(DMs)を気相中から除去する実験を行った。培養8時間の菌体を供試菌体として用い、pH8.5、33℃で反応させた。この条件下で、最高のDMSの除去活性があった。その値は約8.0×10−4g DMS-S/g dry cell/hであった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る