【表題】 家畜ふん尿処理におけるバンクリーナ利用の実態と問題点(2)

【著者名】 今泉七郎;新井澄男;塩谷哲夫
【所属】 農林水産省草地試験場
【発行年】 1974
【雑誌名】 畜産の研究
【巻】 28(2)
【頁】 297−300
【要約】 ふん尿処理の中でバンクリーナは、本来ふん・尿を分離して舎外に搬出する装置で、自然流下式や、加水流去式、ストッパー式とは根本的に異なっている。ふん尿のハンドリングは、ドロドロ、ベタベタしたヘドロ状・液状よりも固状が容易で、とくにふん尿を経営外に供給するためには、その輸送が必要で、このことを考えるとき一層この感が強い。こうした固状化を前提としたふん尿取扱いを考えるとき、今後バンクリーナは一層重要な役割を果たすものと期待される。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る