【表題】 畜舎及び糞尿処理施設の脱臭装置の開発

【著者名】 服部 旦;新居雅宏;森 直樹
【所属】 徳島県肉畜試験場
【発行年】 1993
【雑誌名】 徳島県肉畜試験場研究報告
【巻】 21
【頁】 44−54
【要約】 この装置は、ブロアーで悪臭を0.1%発泡剤を添加した処理液中に吹き込み、微細な悪臭を含んだ泡の層を作り、悪臭ガスと水の接触面積を広く、長時間接触させることにより悪臭の溶解を促進、消臭させる装置である。安価な発泡剤で消臭でき、ブロアーも低出力で発泡が起こり、処理液の排出量も少量である。環境計量士及び当場でのアンモニア濃度測定で、泡が充満している状態で95%消臭される処理能力は優れている。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る