【表題】 微生物脱臭におけるNH3の除去機構

【著者名】 本多勝男;石川嘉彦;米持勝利
【所属】 神奈川県畜産試験場
【発行年】 1992
【雑誌名】 畜産の研究
【巻】 46−4
【頁】 502−504
【要約】 高濃度NH3臭気の微生物脱臭試験を、実用化時の経済性を考慮して試作した模型バイオスクラバータイプの脱臭装置を用いて実施したところ、一般に言われている微生物脱臭機構では説明の困難な現象が見られたため、いくつかの実験を行って、微生物脱臭におけるNH3を中心にした脱臭機構の解明を試みた。脱臭槽の未処理NH3は、菌液に未接触・未吸着なNH3よりも、菌液中に混和したNH3やNH4OHから逆反応したNH3が菌液中から逆放出されることによるものであることが判明し、これにより現臭より濃い処理臭の存在を説明することが可能になった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る