【表題】 畜産の悪臭対策に関する研究(第2報)溝型発酵槽の臭気発散様相と簡易脱臭法

【著者名】 早川岩夫;加藤博美;沢田守男;井戸 豊;森 健治郎;山川芳男
【所属】 愛知県農業総合試験場
【発行年】 1984
【雑誌名】 愛知県農業総合試験場研究報告
【巻】 16
【頁】 471−478
【要約】 薄型発酵槽撹拌方式による家畜ふん尿処理時の臭気発散様相と、同方式の発酵槽内における簡易脱臭法について検討した。臭気発散様相は、撹拌機の種類や撹拌方法が異なっても、ほぼ同一の傾向が認められた。発酵槽内で処理物が静置状態にある時、臭気濃度は非常に低く、臭気成分はアンモニアのみが検出された。撹拌時には急激に臭気濃度が高まり、臭気成分はアンモニアの他に硫化水素及びメチルメルカプタンが高濃度で検出された。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る