【表題】 農林漁業と環境

【著者名】 鬼鞍 豊
【所属】 鹿島建設技術研究所
【発行年】 1986
【雑誌名】 環境研究
【巻】 60
【頁】 76−83
【要約】 農林漁業生態系は各種の農林漁業内外のインパクトによって不安定化の傾向があり農林漁業の生産機能と環境保全機能が損なわれるおそれがある。生態系安定化のために、ゾーニングに基づく地域特性を重視した環境計画が必要である。インパクトを受けやすい農業では、農耕地生態系の生産機能と環境保全機能の調和ある増強を図るために、物質循環能力の大きい生態系を育成する技術システムの創出が、今後の重要な技術研究上の課題である。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る