【表題】 圃場管理のための大縮尺土壌図の作成と土壌情報システムの利用

【著者名】 神山和則
【所属】 北海道農業試験場生産環境部
【発行年】 1993
【雑誌名】 日本土壌肥料学雑誌
【巻】 64−2
【頁】 146−153
【要約】 微地形と土壌分布の法則性を検討して大縮尺土壌図を作成した。この土壌図から短時間で圃場単位の土壌データを得るために、土壌情報システムを用いて圃場単位の土壌データを補完した。空中写真判読に基づく地形区分と土壌分布の間に、低地では自然堤防と褐色低地土が、台地では平垣面、凸型面と類似グライ土が、凹型面とグライ台地土が対応関係がある。これらに区分される地形では予察土壌図にほぼ一致した。一方、旧河道では細粒質・レキ質の灰色・グライ低地土が条件によってさまざまに分布し、後背低地においても灰色低地土、グライ低地土、低位泥炭土と連続的に変化していた。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る